脱毛ラボ ホームエディションを徹底解説!VIOケアにおすすめ。サロン開発だから安心して使用できます。

ごきげんよう、ジェンダーレス脱毛男子のバビです。

Datsumo Labo Home Edition(脱毛ラボ・ホームエディション)」は、脱毛サロンの「脱毛ラボ」から新たに発売され家庭用光脱毛器です。

脱毛サロンから発売する光脱毛器は業界初です。

このページでは、そんな「Datsumo Labo Home Edition(脱毛ラボ・ホームエディション)」について、解説しています。

脱毛ラボ・ホームエディションの製品情報

価格(税込)70,178円メーカー(株)セドナエンタープライズ
レベル調整5段階照射面積4.16cm2
脱毛方式フラッシュ式ショット数30万回
製造国日本保証1年
  • 脱毛サロンが開発
  • サロン級業務用パワー
  • 冷却クーリング機能搭載

脱毛ラボ・ホームエディションの特徴

Datsumo Labo Home Edition(脱毛ラボ・ホームエディション)

脱毛のプロ「脱毛ラボ」が開発



他の光脱毛器にない、最大の特徴は、脱毛のプロ「脱毛ラボ」が開発しているという点です。

脱毛ラボは、道端アンジェリカさんと藤田ニコルさんの2人がイメージキャラクターを務めている、月額制全身脱毛サロンです。

現在は一般的になった「月額制全身脱毛」を最初にはじめたのが、この脱毛ラボです。

月額制ならその月に何度か通いたくなりますよね?

なので、脱毛ラボは「日本一予約の取りやすい脱毛サロン」を目指しています。

国内外に合計57店舗を展開しており、現在はドクターシーラボやシーズ・ラボを運営するシーズHDの100%子会社です。

2019年1月には、ジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下に入りました。

そんな脱毛のプロが作ったサロン仕様の家庭用光脱毛器が、「脱毛ラボ・ホームエディション」です。

今のところサロンが開発した光脱毛器は、脱毛ラボ・ホームエディションだけしかありません。

最大30万発照射可能

脱毛ラボ・ホームエディションの照射回数は最大30万発。

最近の光脱毛器の中では標準的な回数です。

30万発照射できると、全身脱毛が300回くらいできる計算です。

脱毛ラボ・ホームエディション照射回数表示

また、本体部分に照射残数のカウントが表示されるので、安心して使用することができます。

冷却クーリング機能付き

脱毛ラボ・ホームエディション:冷却クーリング機能

光脱毛器では珍しい、照射と同時に肌を冷やすことができる、クーリング機能を搭載しています。

使用環境にもよりますが、およそ5度という低温で冷やすことができます。

クーリング機能を持つ光脱毛器は、この他ヤーマン社の「レイボーテ グランデ」や「レイボーテRフラッシュPLUS EX」があります。

ただ、上記2商品は照射後にヘッド部分を「クールヘッド」に交換する必要があるので、照射しながら冷やせるというのは脱毛ラボ・ホームエディションだけです。

安心の日本製

光脱毛器は肌に直接強い光を当てる機械なので、やはり安全性の高さは気になるところです。

その点、脱毛ラボ・ホームエディションは、脱毛のプロである脱毛サロンが販売する日本製の光脱毛器ですから、安心感が違います。

もちろん1年間の保証期間もついているので、万が一の故障のときにも安心です。

5段階の照射パワーと連射機能

肌に合わせてパワーを5段階で調整することが可能です。

人によっては痛みを感じる人もいるので、低いレベルからはじめて、少しずつレベルを上げていくことができます。

低いレベルでもゆっくりですが効果があります。効果が出ると痛みも少なくなっていきます。

また、肌に当てるだけで自動的に連続照射できる機能もあり、最短1秒間隔の連射を実現しています。

なので、全身脱毛もあっという間に終わってしまいます。

VIO脱毛もできる!

脱毛ラボ・ホームエディションはVIOゾーンへの使用にも対応しています。

実は光脱毛器の多くは、Vゾーンのみしか対応していません

脱毛サロンに通いたくないという人は、この「VIOゾーンの脱毛が恥ずかしい」という場合が多いので、VIO脱毛もできるのは、かなりのメリットです。

MEMO

他にVIOすべてに対応している光脱毛器は、

しかありません

軽くて・コンパクト

一般的な光脱毛器は本体部分とハンディ部分に分かれていて、かなりのスペースをとります

また、本体と一体になっている製品の場合は重いという欠点も。

ケノン

レイボーテRフラッシュPLUS

脱毛ラボ・ホームエディションは、ハンディタイプな上にコンパクトな設計です。

脱毛ラボ・ホームエディション:軽くてコンパクト

  • 本体サイズ:49.85×171.4×76mm
  • 重量:277g

さすがに外出先で脱毛することはないとは思うんですが、軽くて小さければそれだけ楽に脱毛できますし、収納する場所もとりません。

脱毛ラボ・ホームエディションまとめ

今回は「脱毛ラボ・ホームエディション」について、解説しました。

時間がなかったり、恥ずかしかったりして脱毛サロン・クリニックに通いたくない人は多いと思います。

特にVIO脱毛は恥ずかしいですよね。

VIO脱毛に対応している光脱毛器は少ないので、自宅でVIO脱毛をしたいという人には特におすすめです。

最後に、脱毛ラボ・ホームエディションにおすすめなのはこんな人です。

  • VIO脱毛をしたいけれどサロンに行くのは恥ずかしい人
  • 「脱毛サロン開発で日本製」という安心感を重視する人
  • 省スペースでサロンレベルの脱毛をしたい人

やはり脱毛のプロ、脱毛サロンが開発しているという安心感もあるので、おすすめ度の高い脱毛器です。

合わせて読みたい