10/1から消費税10%!お買い物は増税前に!

HEAD PORTERブランド終了。PORTERと何が違うの?

2018年11月1日、HEAD PORTERが、2019年春夏でブランドを終了すると発表しました。

HEAD PORTERお知らせ

バビ

え?マジかよ!PORTERなくなるの?

と思ったんですが、なんと「PORTER」と「HEAD PORTER」って、全くの別モノなんです。

HEAD PORTERとは?

HEAD PORTERは、1998年に有限会社ヘッド・ポーターがスタートしたバッグブランドです。

デザイナーでミュージシャンの藤原ヒロシ氏がデザインをプロデュースして、製造を「PORTER」で有名な「吉田カバン」が担っています。

㈲ヘッド・ポーターと吉田カバンに資本関係はないので、ハロー・キティとルイ・ヴィトンのようなコラボ商品がそのままブランド化したイメージととらえると分かりやすいかも。

HEAD PORTERの外タグはPORTERのものと全く同じなので、詳しくなければ外観では区別がつきません。

ですが、中身を見ると内タグが違っています。

出典:https://ameblo.jp/arabs/entry-12076340020.html

HEAD PORTERは終了すると言っても、現在新たなブランドを企画中とのことなので、今後の動向が注目されます。

藤原ヒロシって誰?

裏原宿のストリート・ファッション全盛期をご存知の方は、ハンチング帽のこの写真に見覚えがあるんじゃないでしょうか。

昔の藤原ヒロシ出典:https://www.rushproduction.net/artist/fujiwara.html

A BATHING APEのNIGO同様、Boon、Smart、street Jack、GET ON!といった90年代ストリート・ファッションを代表する雑誌で、目にしない月はありませんでした。

バビ

懐かしい!ちなみに「NIGO」は、藤原ヒロシに似ているので、「藤原ヒロシ2号」が由来です。

今は長髪にメガネのこの出で立ちになっています。(個人的にはここにも若干の衝撃を覚えました。)

現在の藤原ヒロシ出典:https://realsound.jp/2013/10/post-116.html

90年代~00年初めの裏原宿系ファッションの象徴的な存在で、現在も「キング・オブ・ストリート」として、世界中のブランドからのコラボレーション・オファーが絶えません。

最近、ポケモンとのコラボでも話題になっていますね。

藤原ヒロシ氏については、VOGUEのこの記事が詳しいです。

https://www.vogue.co.jp/fashion/interview/2018-01-hiroshi-fujiwara

HEAD PORTERの代表作。今後値段が上がるかも?

HEAD PORTERの定番は、米軍のフライトジャケットMA-1をモチーフにしたPORTERの「TANKER」シリーズのネイビーカラー

それから、高密度ナイロンをつや消ししたマットな質感で、タグから内装までオールブラックで統一した「BLACK BEAUTY」が有名です。

私も知らずにTANKERのネイビーを使っていました。

ブランドが終了すると、こうした定番商品もなくなってしまうので、数年後には高値で取引される、なんてこともありそうです。

軽くて丈夫で使いやすい「吉田カバン」製なので、今購入して持っておけば、2、3年後には周りに自慢できるかもしれませんよ。

▼HEAD PORTERを探す▼