【2019最新】日焼け止め(全身用)おすすめランキング10選!絶対に焼きたくない人必見です | おしゃエナ
SUMMER SPECIAL!

【2019最新】日焼け止め(全身用)おすすめランキング10選!絶対に焼きたくない人必見です

日焼け止め(全身用)おすすめランキング

バビ

ごきげんよう、美白ジェンダレス男子のバビです。

最近は、キャンプやグランピングなど、外でのレジャーが気軽にできるようになりましたが、そんなときにも紫外線は気になりますよね。

平日は日光を浴びる時間が少ないからと油断していると、駅まで・会社までの通勤の間の紫外線だけで気が付くと手足だけ日焼けしているなんてことも。

特に日差しの強い夏は、美白を気にする美肌女子には死活問題です。

そこで今回は、暑い夏、レジャーやデイリーで使いたい、おすすめの日焼け止めをランキング形式で紹介します。

特に近年は暑い夏が続き、各メーカー新たな紫外線対策を導入した新シリーズを発売しています。

夏の紫外線対策の参考にしてみてください。

日焼け止めを選ぶポイント

以下のポイントを中心に総合的に判断しておすすめ順にランキングを作成しました。

  • SPFとPAは日焼けを十分防いでくれか
  • 肌負担を軽減、またはケアするなどの美容成分が配合されているか
  • 肌を美しくみせるトーンアップ効果があるか
  • 石鹸などで簡単に落とせるか
  • コスパはいいか

SPFとPAは日焼けを十分防いでくれか

SPF

SPFは、「Sun Protection Factor」の略で、肌が赤くなる日やけの原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐ効果の指標です。

数字が大きいほど効果が高くなります。

現在は、SPF50+が最高で、これは「SPFが51より大きい」という意味。

なので、同じSPF50+でも、年々効果は高くなっています。

PA

PAは「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の標です。

現在はPA++++が最高で、+の数が多いほど効果が高いです。

UVAは、UVBよりも波長が長いため、肌の奥深くまで到達して、シミやしわの原因になると言われています。

SPFとPAの説明

肌負担を軽減、またはケアするなどの美容成分が配合されているか

日焼け止めが日焼けを防いでくれるのは、日焼け止めの中に含まれる「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が、紫外線から肌を守ってくれているから。

市販の日焼け止めの多くは、使い勝手のいい「紫外線吸収剤」を使用しています。

「紫外線吸収剤」は、肌の代わりに紫外線を吸収することで肌を守る化学合成された素材。

なので、紫外線を吸収したときの熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌へ刺激になることがあります。

このダメージから肌を守るために、保湿成分や美肌成分を多く含む日焼け止めが増えてきています。

紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めはこちら
【2019】紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)日焼け止めおすすめランキング12選!SPF高めのものを厳選

肌を美しくみせるトーンアップ効果があるか

最近注目されているのが、紫外線から肌を守るだけでなく、反射した太陽光を有効活用して、肌をトーンアップして見せる日焼け止め。

ブルーやパープルなどの色を付けたり、光に反射するパール成分を配合することで肌の透明感を高めてくれます。

特にブルーの透明感とピンクの血色感の両方のいいとこどりができるパープルが人気を集めています。

バビ

どこまで美肌に貪欲なんでしょうw

石鹸などで簡単に落とせるか

夏は汗で日焼け止めが落ちやすいので、ウォータープルーフでしっかりカバーしたいところ。

ですが、落としたいときにしっかり落とせず肌に残ったままだと、肌へ余計なダメージを与えることになってしまいます。

水では簡単に落ちないけれど、石鹸やボディソープで洗えば簡単に落とせることも大事なポイントです。

コスパはいいか

日焼け止めは日差しの強い夏の間は毎日しっかり使いたいもの。

いくら紫外線を防ぐ効果が高くても、あまりにも値段が高すぎると肌の前に家計にダメージです。

今回のおすすめランキングでは、デイリーユースしやすい価格帯のものから選びました。

日焼け止め(全身用)おすすめランキング

1位:ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

2019年最もおすすめなのが花王の「ビオレUV アスリズム」です。

花王独自の「タフブーストTech」でUVブロックの膜の耐久性を高めることに成功。

気温40℃、湿度75%の高温多湿の過酷な環境にも耐えられる耐久性を実現しました。

薄く均一なUVブロック膜が、まるで一枚の皮膚のように全身を覆います。

ビオレUV アスリズムの説明

80分間の耐水試験に耐えるスーパーウォータープルーフであるにも関わらず、石鹸で洗い流すことができます。

ヒアルロン酸やローヤルゼリーを配合し、また、ビオレブランドらしくニキビができにくい処方になっており、化粧下地と共用したい人にはうれしい仕様。

ウォーターベースでなめらかな肌感触の「スキンプロテクトエッセンス」と、オイルベースなのにサラッとした使い心地の「スキンプロテクトミルク」の2種類があります。

どちらも塗り心地が良く、焼けないとの口コミが多く、評価はかなり高め。

「VOCE」2019年5月号ベストUV最強部門1位、「MAQUIA」美白・UVグランプリ2019 ベスト・オブ・ベストUVの2冠を達成。

2019年ぜひとも試してたい日焼け止めです。

2位:ALLIE(アリィー) エクストラUV ハイライトジェル

2019年はあのALLIEからも新作が発売。

2018年「次世代UV2.0」として、ウォータープルーフだけでなく、摩擦でも落ちにくい「フリクションプルーフ」を開発。

ALLIE:フリクションプルーフとは

2019年発売の「エクストラUV ハイライトジェル」は、新たに高輝度パールを配合。

輝度の高いマルチレイヤ―コーティングされたパールが肌全体をトーンアップし、透明感とツヤのある白肌仕上がりがつづきます。

もちろん、これまでどおり美容液(保湿)成分も配合。

ウォータープルーフでありながらボディソープや石鹸で簡単に落とせます。

夏の定番のひとつになりそうな日焼け止めです。

バビ

個人的には、塗っている感じはアネッサより乾燥が少なく感じます。

3位:ANESSA(アネッサ)パーフェクトUVスキンケアミルク

絶対焼きたくない人のおすすめの、通称「金のアネッサ」。

ALLIEと人気を二分する日焼け止めの王道です。

「これを買っておけば間違いない」など、市場での信頼は絶大。

スーパーヒアルロン酸、マリンコラーゲン、アロエエキスなどの保湿&整肌成分と、緑茶エキスなどの美容成分を50%配合。

汗や水に触れるとUVブロック膜が均一になり、さらに強くなる「アクアブースター技術」に、摩擦による落ちを防ぐ機能を追加した「アクアブースターEX技術」で紫外線から肌を守ります。

あまり知られていませんが、肌に砂がつきにくい「サンドプルーフ」もあるので、ビーチでの使用にもおすすめです。

4位:スキンアクア トーンアップUVエッセンス

1000円以下で購入できるにもかかわらず、SPF50+・PA++++の最高水準を備えた、流行りの「色つき」日焼け止めの人気商品です。

2018年@コスメアワードベスト日焼け止め第1位を獲得。

ブルーの透明感とピンクの血色感の両方が出せるラベンダーカラーで、肌に自然な透明感をもたらしフォトジェニックな肌に。

また、太陽光を浴びて青色に輝く微細ストロボパール配合で光を浴びてツヤ感をもたらします。

防腐剤フリー・鉱物油フリー・アルコールフリーと肌にも優しい仕様。

プチプラなのでたっぷり塗れて重ねづけも躊躇しなくていいのが嬉しいですね。

5位:紫外線予報 ノンケミカル薬用美白UVクリーム

「紫外線予報」は、「毛穴撫子お米のマスク」で有名な石澤研究所のUVケアシリーズ。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)でありながら、のびがよく使いやすいと評価の高い日焼け止めです。

しかも、ウォータープルーフ仕様なので、紫外線散乱剤の特徴である汗に流れやすいという弱点もカバー。

おまけにメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐビタミンC誘導体を配合して、美白効果を狙います。

同じ紫外線予報の「UVさらさらジェル」もおすすめ。

日焼け止め成分はひかえめですが、その分より肌にやさしい仕上がりです。

プッシュ式なので、ちょっとそこまで急いで出かけるときなどに重宝しそう。

6位:ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

リーズナブルな価格でリピーターの多い人気商品が2019年刷新。

高い紫外線防御効果と軽いつけ心地を両立したウォーターベースの日やけ止めです。

花王独自のMicro Defence(ミクロディフェンス)処方で、これまで肌のキメの凹凸に生じていたミクロレベルの隙間を埋め、塗りムラを防止。

肌になじむ透明感のある水感エッセンスは、付け心地の軽さに定評があり、塗り直しても重ねても、軽くてみずみずしい使用感が続きます。

バビ

リーズナブルで塗り心地がいいので、デイリーユースにおすすめです。

7位:WELEDA(ヴェレダ )エーデルワイス UVプロテクト

ご存知スイス発のオーガニックブランドのパイオニア「ヴェレダ」の日焼け止めは、日本限定シリーズで、天然由来成分100%の紫外線吸収剤不使用。

植物オイルと植物エキスの保湿効果で1日中潤いが続きます。

紫外線散乱剤は、粒子を細かくナノ化することで白浮きを抑えていますが、このナノ粒子が肌に良くないという説があります。(まだ研究中で確定はしていません)

ヴェルダは製品の中にこのナノ粒子を含有していないことを測定済みという徹底ぶり。

メイク下地などには向きませんが、腕や足などに肌トラブルを起こしている敏感肌の人やお子さんの日焼け止めにおすすめです。

8位:カントリー&ストリーム UVウォータリージェル

Country&Stream(カントリー&ストリーム)は、昔から世界中で肌に良いと言われている自然素材を取り入れ、現代の生活にあったキレイの形を提案するナチュラルコスメブランドです。

日焼け止めを塗った肌は乾燥や肌荒れが気になるもの。

こちらの日焼け止めは、ハチミツ、ローヤルゼリーエキスなどの6種のオーガニック保湿成分を配合。

SPF、PAとも最高レベルでありながら肌に優しく、みずみずしいつけ心地が続きます。

ほのかになハチミツレモンの香りもさわやか。

ネット販売以外では取り扱いが少ないため、あまり知られていませんが、@COSMEなどでも高い評価を得ています。

くまのイラストもかわいいので、外出先で塗り直すときに気分を上げてくれそう。

9位:ニールズヤード レメディーズ ナチュラルUVプロテクションミルク

Neal’s Yard Remedies(ニールズヤード レメディーズ)は、イギリス初の自然薬局店をオープンした、オーガニックスキンケアのパイオニア的存在です。

ナチュラルUVプロテクションミルクは、素肌の美しさを追求する日本人のために開発されました。

オーガニックなので、もちろん紫外線吸収剤不使用。

汗や水に強く、長時間肌にとどまるオイルベース処方で長時間の使用に耐えます。

3種の日本古来の植物エキスを配合して紫外線ダメージもケア。

ナチュラルUVプロテクションミルク/ニールズヤード レメディーズの美肌成分

価格が高めなのが難点で、デイリーユースで使うには少し迷います。

ただ、長い目でみれば自分の肌をいたわるのにはベストな選択肢の一つだと思います。

10位:ユースキンS UVミルク

保湿クリームで有名なユースキン製で、つけ心地のよさが好評な日焼け止め。

こちらも肌に優しい紫外線吸収剤不使用です。

SPF25、PA++と紫外線への効果は控えめですが、肌への負担を考えると紫外線の弱い時期はこれで十分。

日差しの弱い日や、1日の外出時間が短いオフィスワークの方におすすめです。

日焼け止め(全身用)おすすめランキングまとめ

おすすめの全身用日焼け止めをランキング形式で紹介しました。

改めてランキングの一覧は以下のとおりです。

ここ数年は、毎年どんどん日焼け止めも機能が上がっているので、去年の同じ商品が今年も1番いいとは言えなくなってきています。

色々な商品を試してみて、ぜひ、自分に合った日焼け止めを見つけてください。